doctor

すぐに対応する

鼻炎を感じるようになったら、まずはすぐに対応することが重要です。症状について看過して見過ごしたままだと、その先に潜む問題に悩まされることが増えるようになるため、内科などで診察を受けるのが重要です。

Read More

まずはチェックから

不自然な耳鳴りやめまいはメニエール病のサインかもしれません。気がかりがあるなら一度チェックをしてみませんか?

大腸内視鏡検査は検査方法をチェックして受けるのがコツです

大腸内視鏡検査を受ける場合には、予め検査方法を確認しておくことが苦痛の少ない検査を受けるためのコツとなります。大腸内視鏡検査では肛門から内視鏡を挿入して検査をおこないますが、この時に内視鏡の挿入の仕方にはいくつか方法があるのです。医療機関の中には、より負担や苦痛の少ない挿入方法とっている所があります。そういった医療機関で検査を受けることで、大腸内視鏡検査の苦痛は大幅に軽減されるのです。一般的な大腸内視鏡検査では、腸の中を形状を辿るように内視鏡を通していきますが、苦痛の少ない検査の場合には腸を伸ばしながら内視鏡をゆっくりと挿入していきます。途中での内視鏡の引っかかりがないため、痛みを感じることがなく出血のリスクも少なくて済む訳です

画像を取り入れた新しい検査方法が登場しています

大腸内視鏡検査では、バーチャル内視鏡検査と呼ばれる新し検査方法も登場しています。この検査ではこれまで行なわれていた内視鏡の挿入が必要ありません。腸の中を高精度な3DCTによって撮影し、バーチャルな腸内部の画像を再現します。現在では一部の医療機関のみで行なわれている新しい検査方法となり、昨今ではマスコミでも話題になっているのです。この検査の場合にも、肛門から細い管や炭酸ガスなどを入れる必要があります。ですがこれまでの内視鏡の挿入に比べると、遥かに楽に検査を行なうことが出来るのです。アメリカでもこのバーチャル内視鏡は評判が高く、今後は日本においても取り入れていく医療機関が増えていくと予想されます。

イメージとの違い

泌尿器科という科目は、取り扱う分野の関係でどうしても恥ずかしいイメージを持たれがちです。そこで、イメージとの違いについて目を向けてみると、とても重要な役割を担っていることがわかります。

Read More

夜でも受けられる診察

夜間診療に対応しているクリニックを活用すると、夜でも受けられる診察を活用して健康的な生活を守るために役立てられます。診療所などの施設も、提供する役割を担っているという特徴があります。

Read More